超音波探傷は移動が重要

超音波探傷は超音波を利用して、破壊をしない状態で物の中の状態を確認する検査です。

超音波は音を超える周波数を持つ波のことで、速度の違いや境界で反射する性質を利用して内部構造を確認することが可能です。同じ素材で統一された物質に超音波を当てても、そのまま反対側へ抜けていきます。最後に物質から空気などの素材が変わる面で反射が起こることになります。

この反射を発振場所と同じところにある検出器で受け取ることによって物質の厚みがわかります。正確な寸法が知りたい場合には、材質による速度を考慮して計算することで導き出すことができます。

例えば、物質内に傷や気泡など物質が変わる要素があれば、その部分で超音波は反射します。反射してきた時間や位置によって物質的に不均一な部分があるということです超音波探傷はそのような均一であるべきところの境界面を見つけることで、傷などの有無を確認することができます。

照射した超音波がどれぐらいで戻ってくるかを時間によって確認します。このようにして金属の溶接の状態や壁などのコンクリートの状態、内部の鉄筋の確認などを破壊することなく確認することが可能です。

このような超音波探傷は非破壊検査として認知されたもので、測定結果によって製品の良し悪しを確認したり、劣化状況を確認することに利用されています。超音波探傷は2次元でしか測定できないため、少しでもずれたところにある傷は発見できない恐れもあります。そのため細かく位置をずらして測定する必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *