超音波探傷を利用するメリット

超音波探傷とは超音波を用いて目視できない内部の亀裂などを検査することができるものです。

仕組みとしては医療現場で人間に対して使われるエコーと同じものですが、超音波探傷では主にその対象は金属内部となっています。超音波探傷を使うメリットは、放射性物質を使わずに非破壊検査が行えることです。

また接触材を挟むことでも検査が可能で触れさせずに検査することが可能ですし、応答も早くセンサーを移動させながら広範囲を走査させることができます。

特に放射性物質を使用せずに検査が可能ですから、放射性物質の管理が不要なためあらゆる現場で利用が可能です。ただしデメリットもあり、検査できる深さが限られていること、超音波を電波させるために接触材として水やジェルを使用しなければならないこと、この性質から表面に気泡や油分があると計測が難しいこと、複雑な構造のものは乱反射を受けるため正確な計測が難しいことなどがあります。

このため万能な非破壊検査装置というわけではなくそれぞれの用途に応じて使用することが求められます。超音波探傷が使われる分野としては溶接部分で、検査することで溶接不良の問題の有無を確かめることができます。

また長時間振動に晒されるバネなどの内部構造検査などにも用いられています。打音検査と比べて装置をセッティングし映像を見て確認を行うため検査に時間は掛かりますが、潜在的な亀裂を調べることができるため将来起こりうる破断を予測することもできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *