製品の正確な検査ができる超音波探傷

工場で製品を製造している会社が、製品の品質を確保するための手段として正確な検査を行う方法があります。

検査の正確性がより高いほど、製品に混在している不良品を発見できる可能性が高くなりますが、そうした不良品の発見に役立つのが超音波探傷という検査です。この検査方法の大きな特徴は、調べるものを傷つけることなく検査することが可能であることです。

超音波を使用することにより外部につけられた傷だけでなく、製品の内側に発生した瑕疵なども正確に発見することができます。微小な瑕疵でも発見しやすいのが超音波探傷のメリットです。一般的に超音波探傷と呼ばれる検査方法には、その使用されている技術によって複数の種類があります。

音波の反射を利用して検査を行うのがパルス反射法です。この方法は調べたい製品に音波をあてて、製品の内部ではねかえった音波を分析することによって、製品の内部の状態を正確に把握することができます。内部に瑕疵がついている場合には、音波を当てた場合に通常とはことなる音波が返ってくるために、正確に瑕疵の有無を判別できます。

またパルス反射法では反響した音波を分析することで瑕疵のある場所も特定することが可能です。傷がどの程度の大きさなのかも正確に判別することができます。そのように精密な検査が実現可能なために、パルス反射法は超音波探傷検査の中でも、広く行われています。超音波探傷にはそのほかに共振法などの技術があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *