超音波探傷検査についての説明

超音波探傷検査とは、検査対象を破壊することなく、機械部品や構造物の有害なきずを検出する技術である非破壊検査の一種です。

超音波探傷器から高電圧の電気パルスを超音波のパルス信号として送り、機械的な振動を材料の表面や内部に伝えることにより、反射信号や反射強度などから材料内部のきずを判定します。検出精度は高いのですが、欠陥の形状の判定にやや難がある検査方法とされてきました。

しかし近年では、得られた超音波受信信号から画像化や数値解析を行うことができるようになったため、きずの寸法や形状を推定することが可能となりました。そして超音波探傷検査は、大きく分けて3つの検査方法があります。

まず、最も多く使われているパルス反射法です。これは超音波のパルスを発信し、内部の欠陥に反射してエコーとなり受信され、画面に表示されることによって欠陥の存在位置や大きさの程度を知る方法です。

また、透過法もあります。材料内部の欠陥が原因で、透過する超音波の強さが変わることにより、欠陥の存在を知ることができます。そして、共振法です。超音波の波長を連続的に変えて発信することで、欠陥と板厚を検知します。

さらにパルス反射法には、波の種類により様々な方法があります。超音波を垂直に伝えて内部の欠陥に反射させて欠陥を検知する垂直探傷法や、斜めに伝えて材料内部で反射を繰り返させることで欠陥を検知する斜角探傷法、表面にそって伝える表面波探傷法、板にそって伝える板波探傷法などが代表的となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *