非破壊検査について詳しく解説

非破壊検査は機械や構造物にある傷や劣化を、破壊せずに検出する方法です。

物を作るうえで大丈夫かどうかの確認はかなり重要になります。

今までは内側の傷を調べるのは難しく、そこを調べることをしないこともありました。しかし、この非破壊検査が生まれたことでそれは可能になり、今では研究に研究が重ねられ信頼できる技術となっています。

非破壊検査による欠陥検出技術は自然環境の維持にもつながっています。検査の幅が広がり欠陥のない製品が生まれることにより、それは廃棄物の減少につながるのです。

制作時でだけでなく、完成後の検査にも用いられるため製品は寿命が長くなるのです。非破壊検査の方法はさまざまで、特によく使われるのは、放射線透過検査と超音波探傷検査という方法になります。

放射線透過試験とは、X鮮度の放射線を用いて対象物に透過させ放射線の減弱割合をもとに、内部欠陥を検出する方法です。傷が見つかるとフィルム上に黒い影が映し出されます。超音波探傷試験とは、人間で聞ける音の範囲外の高周波の音を利用して、反射音の強さや時間で血管の有無を調べます。

これは、よくみる潜水艦の魚を探知する。魚群探査機も同じような仕組みです。海という物体の中を調べるのでこのような方法をとります。非破壊試験には資格が必要で誰にでもできるというものではありません。毎年春と秋の2回に行われる資格試験に合格する必要があります。それぞれの試験の種類に応じてレベル1からレベル3までで認定が出ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *