赤外線による非破壊検査

赤外線を用いる非破壊検査は基本的には、表面温度を計測して、内部の異常を検知するものです。

またメディアでもサーモグラフィーを使い、人間の体の表面温度を比較して、その映像によって、正しい熱中症対策を伝えています。表面温度を知るだけならば、温度計による計測でも十分ですが、温度変化をリアルタイムで計測するためには、非破壊検査の赤外線測定が必要になります。

工業製品においては、電気センサーやエンジンの加熱具合を計測することで、品質を証明することができます。また飛行機のエンジンの加熱具合を調べることで、不調を的確に見抜いて安全な運航ができるように整備することもできます。赤外線を用いた非破壊検査は外部から熱を加えて、内部の状態の変化を調べるアクティブサーモグラフィも行われています。

外部からの熱にどのような反応をするのか調べることで、その製品の耐熱性がわかります。サーモグラフィーは加熱式と冷却式がありますが、現在では加熱式が一般的になりつつあります。加熱式は輻射熱や超音波、振動エネルギーや電磁力、太陽を利用します。様々な熱源を使用することにより、幅広い種類の製品の非破壊検査が可能になります。

表面温度だけでなく、内部の温度変化を計測することができるのが、赤外線を用いる大きなメリットで、気候変動による猛暑で、線路が変形するなどのインフラの異常を発見することにも役立ちます。赤外線による非破壊検査は、人間の体からインフラまでいろいろな面で活用が進んでいる検査方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *